トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:婦人科:郵送によるセルフサンプリングキットは、より多くの女性の子宮頸がんスクリーニングに有用

28 Nov 2019

子宮頸がんスクリーニングオプションの大きな変更の可能性を示す研究では、子宮頸がんを引き起こす可能性のあるHPVを検査するセルフサンプリングキットを郵送した結果、より多くの女性ががんのスクリーニングを受けるために有用であった。

約20,000人の女性を対象とした研究は、University of WashingtonとKaiser Permanente Washington Health Research Instituteの研究者らによって実施され、JAMA Network Open誌に掲載された。この研究では、3年以上子宮頸がんのスクリーニングを受けていなかったKaiser Permanente Washingtonシステム内の女性が2グループに無作為に分けられた。

約半数にPap検査の代替として使用可能なHPVセルフサンプリングキットが郵送され、残りの半数は臨床現場で検査を受けるための標準ケアのリマインダーのみ受け取った。

自己検査群の検査を受けていない女性のコホート内では、子宮頸がんの検査が26%であったのに対し、標準的なリマインダーを受け取った検査を受けていない女性は17%であった。 

キットを返却した検査を受けていない女性のうち、88%がウイルスに対して陰性であり、子宮頸がんのリスクが低いことを示した。

「多くの研究が、女性が自ら収集したサンプルでのHPV検査が、医師が収集したサンプルでのHPV検査と同様であることを示している」と、UW School of Public Healthの疫学教授であり、Kaiser Permanente Washington Health Research Instituteの客員研究者であるRachel Winer氏は述べている。

「他の国での無作為化試験では、家庭用HPV検査を提供することでスクリーニングへの参加が増加することが示されたが、これは実際の医療システム設定における郵送キットの影響を研究した米国における最初の試験である」

過去の研究によると、毎年診断される子宮頸がんの12,000例の半分は、検査をせず3年以上経過した女性に発症する。

そのため、これらの女性は検査を受ける優先順位の高い集団になると研究者らは述べた。

「未承諾でHPV検査用自己収集キットを郵送すると、子宮頸がん検査を受けていない女性の子宮頸がん検査が50%増加し、その集団がとくに到達しにくい集団であることがわかった」と、Kaiser Permanente Washington Health Research Instituteの研究と戦略的パートナーシップの上席研究者でダイレクターで、かつ共著者であるDiana Buist氏は述べた。

「本当に、それはよいニュースである」とBuist氏は述べた。「そして今や、HPVのみの検査は米国で認められているスクリーニング戦略であるため、家庭用検査が女性にとって広く受け入れられる選択肢である可能性を開く」

また、研究者は、この優先度の高い女性集団がセルフサンプリングを実行するかどうかを調べたいと考え、サンプルがHPV陽性である場合、フォローアップテストに進み、がんを防ぐために治療する前がん性子宮頸部細胞の存在を確認する。

大多数の女性がウイルスに対して陰性であったが、残念ながら、陽性となったすべての参加者をフォローアップしたわけではないと指摘した。

「自宅でセルフサンプリングする女性の88%が診療所に来る必要がないことは素晴らしい」とWiner氏は述べている。 「しかし、本試験では、子宮頸がんリスクが高いと特定された、きわめて重要となる女性が12%いたにもかかわらず、追跡試験に参加した女性は70%だけだった」

その結果、研究者らは、追加実施を推進するうえで、ハイリスク女性の前がんの検出と治療を最大化するためには、キットの使用と肯定的な結果のクリニックでのフォローアップを増やす方法を戦略化する必要があると述べた。

「米国の子宮頸がん検診の状況は変化しており、選択肢を拡大し、女性の検診プロセスを改善する現実的な機会がある」とWiner氏は付け加えた。「数年後には、在宅ベースのスクリーニングが定期的に利用可能になることを期待する」

https://ecancer.org/en/news/16882-mailed-self-sampling-kits-helped-more-women-get-screened-for-cervical-cancer

(2019年11月6日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー