トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:脳および神経系 簡単な血液検査は、一部の脳腫瘍患者の手術の代用となり得るか

30 Mar 2021

特異型の脳腫瘍患者に対する治療の最善策を決定する際に、簡単な血液検査を行うだけで侵襲的な手術の必要性を減らしたり、置き換えたりできるという画期的な研究成果が発表された。

Brain Tumour Research Centre of Excellence at the University of Plymouthの研究者らは、成人の原発性脳腫瘍の中で最も一般的な髄膜腫がグレードIかグレードIIかを見分けるバイオマーカーを発見した。

低グレードの腫瘍は長期にわたって休眠状態が続くことがあり、リスクの高い手術あるいは放射線療法・化学療法などの過酷な治療を必要としない事があり得るため、この等級付けは重要である。

グレードIIに分類された腫瘍は、進行するとがん化する可能性があり、転移を抑制するためにはより積極的な治療が必要となる可能性がある。

現在、髄膜腫の患者は様子を見るか、放射線治療を受ける、あるいは腫瘍を除去するために手術を受けるのが一般的である。

髄膜腫の70~85%は低グレードであるため、血液検査や液体生検を実施する場合、手術や放射線治療を受けずに済む可能性がある。

Oliver Hanemann教授が率いるプリマス大学のチームは、Fibulin-2 (FBLN2) というタンパク質で知られるこの新しいバイオマーカーに関する研究結果をInternational Journal of Molecular Sciences誌で発表した。

FBLN2は肺がん・肝臓がん・乳がん・膵臓がんなどの他のがんとの関連性があるが、髄膜腫の発生との関連はこれまで明らかにされていなかった。

したがって、研究チームは、今回の研究がFBLN2タンパク質を髄膜腫のバイオマーカーとして関連付けた最初の研究であると考えている。

この結果は、さまざまなグレードの髄膜腫の非侵襲的バイオマーカーを確認したPlymouth centreの重要な研究成果に基づくものである。

先に発表された論文「GATA-4、高グレード髄膜腫の新たな治療標的となる可能性のあるGATA-4が、高グレード髄膜腫の新たな循環バイオマーカーとなる可能性のあるmiR-497を制御する」の詳細はこちらを参照して下さい。https://www.braintumourresearch.org/media/news/news-item/2020/08/19/news-on-meningioma-research-from-our-plymouth-centre.

研究者らは、腫瘍サンプル、実験室で培養したがん細胞、患者から採取した液体生検を用いて、グレードIとグレードIIの腫瘍を区別することができた。

さらに、小規模なサブスタディではこのバイオマーカーのレベルによって遺伝子構造が定義されるように、良性(成長が遅い)腫瘍と悪性(成長が速い)腫瘍を区別できることが示された。

Hanemann教授は次のように述べている。「今回の研究では、FBLN2がグレードIIとグレードIの髄膜腫を区別する新しいバイオマーカーであることが分かった。

グレードIと比較し、グレードIIの髄膜腫の腫瘍サンプルでは高レベルのバイオマーカーが検出された。

また、グレードIIの髄膜腫患者の血液サンプルはグレードIの髄膜腫患者の血液サンプルと比較し、高レベルのFBLN2が検出されることを示した。

FBLN2が髄膜腫のバイオマーカーとして確認されたことは、髄膜腫の診断、治療、予後、フォローアップを改善する大きな可能性を秘めている」

この研究に資金提供した脳腫瘍研究の広報担当官のHugh Adams氏は、次のように述べている。「これは、患者が人生で最も困難な時期に脳神経外科手術という試練を免れることができる画期的な技術だ。

英国では、毎年16,000人が脳腫瘍と診断され、40歳以下の子供や大人が脳腫瘍で亡くなる数は他のがんよりも多いと言われている」

Plymouthに住む50歳のVictoria Bradley氏は、2017年に髄膜腫と診断され、6週間後にDerriford Hospitalで手術を受けた。彼女は衰弱性発作を含む生涯にわたる副作用を抱えている。

海外旅行代理店の仕事ができなくなったVictoriaは、現在、脳腫瘍やてんかんの患者を支援するためにマインドフルネスと瞑想のアプリを開発している。

「私の診断と手術は、人生のすべてを変えた」と彼女は述べた。「脳神経外科手術を受けるということはとても大変なことだ。

常に恐怖を感じながら生活し、1人で外出することも不安になり発作が起きたときに助けを呼べるように、常に緊急アラームを持ち歩いている。いつの日か、私のような患者が手術を受けずに済むようになると思うと本当に素晴らしく、信じられないことだ」と述べた。

今回の知見が、髄膜腫患者1人ひとりの治療オプションの開発に貢献することが期待される。

事実、グレードIIの髄膜腫に対する最善の治療法については現在コンセンサスが得られていない。FBLN2は、非侵襲的な血液検査によって髄膜腫を特定し、治療するための貴重なツールとなる可能性がある。

FBLN2の液体生検を用いた髄膜腫の診断精度を現行の方法と比較して評価するためには、さらなる研究が必要とされる。

https://ecancer.org/en/news/19878-simple-blood-test-could-replace-surgery-for-some-brain-tumour-patients

(2021年3月18日公開)

Croi 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Glasgow 2020 Virtual Conference News 速報
Literature-based Program
Gut Japanese abstract collection
ecancer
国際学会カレンダー