トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 浮き彫りにされたがん患者におけるCOVID-19に対する反応の違い

27 Jan 2021

Cancer Research UKの資金提供による新たな研究は、新型コロナ感染症(COVID-19)に対する免疫反応は、固形がんを有する人はがんのない人と比較して同じであることを示している。

しかし、血液がん患者はウイルスに反応する能力にばらつきがあり、多くの患者は感染初期の兆候から最大90日間、平均の約5倍の期間ウイルスを排除することができなかった。

パンデミック関連の調査結果を共有することは重要であるため、この研究結果は、Cancer Cell誌のプレプリントとしてオンラインで迅速に公開されている。

この研究は、多くのがん患者に安心感を与えるだけでなく、パンデミック時にがん治療を提供することになると、患者をグループ化できないことも強調している。

COVID-19のパンデミックは、感染予防策や治療の遅延に関する決定など、がん患者に多くの課題をもたらした。

COVID-19に関しては、がん患者にさらに有害な影響を与えるという矛盾するエビデンスもあり、がん患者の免疫系がウイルスにどのように反応するかについての洞察はほとんどない。

King’s College Londonを拠点とするCancer Research UKの臨床科学者であるSheeba Irshad博士が率いる研究者らは、Adrian Hayday教授とPiers Patten博士(コンサルタント血液専門医)と協力して、2つの重要な質問に取り組みたいと考えた。1)がん患者のCOVID-19に対する免疫反応は、がんのない患者とは異なるか。 2)がん患者の免疫系に対するCOVID-19の長期的な影響は何か。

この研究では、76人のがん患者の血液を分析した。そのうち41人はCOVID-19に感染し、35人は感染していなかった。

検体は、がんを患っていなかった人の血液と比較された。抗体は、固形がん患者ではウイルスに感染してから最大78日後まで長期間維持される。

この研究では、患者がCOVID-19から回復すると、免疫系が「正常な」COVID-19感染前の機能を取り戻すことも分かった。

特定の種類の血液がんの人のCOVID-19に対する免疫反応は似ていたが、疾病の活動期/初期段階では「軽度」であり、慢性感染症でよく見られる免疫変化に似て時間とともに強くなった。

これは、免疫記憶に重要な役割を果たす免疫細胞の一種であるB細胞に影響を与えるがんに特に当てはまった。

B細胞関連の血液がんの患者では、ウイルスに対する抗体反応は固形がんの患者と比較してより多様であり、3つの異なるグループとして示された。1)固形がん患者やがんのない人のように、抗体を産生してウイルスを除去した人。2)ウイルス感染後75日を超えても抗体を産生したことがなく、ウイルスの排除ができなかった人。そして最後に、3)ウイルスに対する抗体を産生したにもかかわらず、ウイルスを排除することができなかった人。

SOAP studyの次の段階は、COVID-19ワクチンに対するがん患者の免疫反応を監視することである。

King’s College Londonに拠点を置くCancer Research UKの臨床科学者であるSheeba Irshad博士は、次のように述べている。「用心する必要はあるものの、我々の研究は、固形がん患者の多くがウイルスに対して優れた免疫反応を示し、持続可能な抗体を獲得し、可能な限り早くがん治療を再開するという自信と安心を医療従事者に提供する。

「これらの結論は、免疫抑制療法を受けているとしても、多くの患者がCOVID-19ワクチンに十分に反応することを意味する。ただし、血液がんの患者、特にB細胞悪性腫瘍の患者にとっては、COVID-19ワクチンの効果が期待できない可能性がある。

我々の研究は、抗体を産生しているにもかかわらず、持続感染しやすい可能性があることを示唆しているため、研究の次の段階では、ワクチンに対する反応のモニタリングに焦点を当てる。現在のところ、彼らを守る最善の方法は、集団免疫を達成するためにクリニックですべての介護者に予防接種をすることかもしれない」

Cancer Research UKのhead information nurseであるMartin Ledwick氏は、次のように述べている。「特定の種類のがんとその治療は感染に対する能力を低下させる可能性があるため、がん患者とその家族は、ウイルスについて特に憂慮しているかもしれない。この研究は、固形がん患者にある程度の安心感を与えるが、血液がん患者はより脆弱である可能性があるという根拠を裏付けている。がん治療を受けている人は誰でも、パンデミックの期間中、ウイルス感染から身を守るために医師のアドバイスに従い続けるべきである」

Cancer Research UKの最高責任者であるMichelle Mitchell氏は、次のように述べている。「COVID-19は2020年、我々の生活の中心にあったが、我々は引き続きがん患者とこのパンデミックを通じて彼らを支援することに焦点を合わせている。私は、研究者らが彼らにその答えをもたらすためにどれほど迅速に取り組んだかについて、非常に誇りに思っている。

「がんは単なる1つの疾病というだけではなく、ウイルスがさまざまな種類のがんとどのように相互作用するかを理解することは、すべての患者が可能な限り最善の治療を受けるために重要なことである。この新たな研究により、我々は特別な注意を払って血液がん治療に取り組む必要があることを認識しており、医師は彼らが必要とするかもしれない追加の治療を提供する方法を考慮することが可能である」

https://ecancer.org/en/news/19360-differences-in-covid-19-responses-in-cancer-patients-highlighted

(2021年1月5日公開)

Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Glasgow 2020 Virtual Conference News 速報
Literature-based Program
AIDS 2020 Conference News 速報
CROI 2020 Conference News 速報
Gut Japanese abstract collection
ecancer
国際学会カレンダー